よく読まれているブログ&記事
サンドペグは砂浜や雪中におすすめ!やわらかい地面でも抜けないペグ

【サンドペグは砂浜や雪中におすすめ!】に書いてあること

海に行ってテントやタープを設営したけど、風ですぐに飛ばされた!っていう話をよく聞きます。
そこで、今回は砂浜などのやわらかい地面や雪中で使える、簡単には抜けないペグについて書きました。
砂浜や雪中にテントやタープを設営するときは、芝生や土などに使う一般的なペグは使ってはいけません。
一般的なペグが使えない理由は、すぐに抜けてしまうからです。
それでは、砂浜や雪中に使えるペグはどういうものかというと、地面の中で接する面積が広いサンドペグという商品です。
それでは、このサンドペグについて詳しく紹介していくことにします。

サンドペグ代用の危険性

ペグの選び方を間違えると大変危険です。
砂浜や雪中では、地中でしっかりと噛み合う形状のサンドペグが適しています。簡単に抜けてしまうようなペグを使うと、タープが倒壊するだけでなく、ペグが風で飛んでいくという危険性があります。
プラスチック製でも先端が尖ったものや金属製のものが勢いよく飛んでしまって、人やテントを直撃したらと考えたらゾッとしますよね。
よくサンドペグの代用について聞くのですが、上述したように他のペグでは危険です。あえて、代用できるものを言えば水や砂を入れた土嚢のようなものやコンクリートブロックでしょう。しかし、荷物のことを考えるとキャンプにおいては現実的ではなく、おすすめは出来ません。
だから、やわらかい地面には地中でしっかりと噛み合うサンドペグを選ぶようにしましょう。

サンドペグの使い方

サンドペグは、抜けにくいペグといっても正しい使い方をしなければ効果を発揮しません。
地面に打ち込むときは、地面に対して垂直にではなくテントの方向に約60°角度をつけて打ち込む必要があります。
サンドペグは柔らかい素材なので破損を防ぐためにゴム製のハンマーを使用するようにしましょう。

サンドペグのサイズと選び方

サンドペグは、一般的なペグよりも長いものが多いです。より長さがある方が地面に深く刺さるのでしっかりと固定されます。
ポップアップテントの場合は30㎝のもの、大型のテントや中に風が入り込むタープの場合はサイズに関係なく40cm以上のものがおすすめです。
サイズが大きくなると荷物が増えてしまうというデメリットがありますが、砂浜や雪中で使用する場合は倒壊という危険性を回避することを重要視してください。

サンドペグの素材

サンドペグには、プラスチック製とアルミ製のものが多く出回っています。
プラスチック製はABS樹脂で、軽量で使いやすいですが衝撃に弱く割れやすいのが特徴です。
アルミ製はジュラルミンで、軽量ながら強度がありますが曲がりやすいという特徴があります。
使いやすさで選ぶならプラスチック製、強度で選ぶならアルミ製でしょう。

 

広告

サンドペグの長所

砂浜や雪中では、スチールペグや鍛造ペグは抜けやすいためおすすめできません。
30㎝から40㎝と十分な長さがあっても、柔らかい地盤に適している形状でなければ、強風にあおられると簡単に抜けてしまいます。
それでは、砂浜に適していると言われているプラスチックペグはどうかというと確かに抜けにくいです。
しかし、プラスチックペグよりも抜けにくい特殊な形状をしたペグがあります。
それが、サンドペグです。サンドペグは、特殊な形状をしているにも関わらず安価であるのが特長です。

サンドペグの短所

ここまでは、サンドペグの長所を説明してきました。
それでは、サンドペグに短所はないのか?という疑問に回答します。
もちろん、どんな商品にも短所はあるのでサンドペグにもあります。
それは、硬い地面には適していないという点です。だから、ペグを打つときは地盤の状態をしっかり見極める必要性があります。
地面の表面は柔らかいけど、奥の方は石だらけで硬かったりなんてことはよくあること。この見極めを間違えるとペグが折れてしまう可能性があります。
この解決法としては、予め、やわらかい地面用のペグと一般的な地面用のペグの2種類を準備しておくことです。
ゆっくりペグを打ち、地面の中の状態を確かめながらペグダウンしていくことで、どのペグが適しているのかを見極めることができます。

広告

おすすめのサンドペグ 6選

CAPTAIN STAG/キャプテンスタッグ サンドペグ 38㎝

風が吹く砂浜でも抜けにくいペグ
CAPTAIN STAG/キャプテンスタッグ サンドペグ 38㎝
砂浜におすすめ
砂地に適したプラスチックペグです。
ロープを通すことができるので、ペグを抜くときに便利です。
長さが38㎝あるので、風が吹いても抜けにくく、安心して使うことができます。

 

広告
大物のキャンプ用品収納ケース黒

Freell/フリール U字型サンドペグ 31㎝ 赤&青 10本セット

雪中にも使えるペグ
Freell/フリール U字型サンドペグ 31㎝ 赤&青 10本セット
雪中と砂浜におすすめ
雪中と砂浜など、やわらかい地面に適しているペグです。
レッドとブルーの2色セットで鮮やかなカラーであることから紛失防止にもつながります。
U字型の断面なので、地面の中で接する表面積が広く摩擦が大きいため抜けにくいのが特徴です。
アルマイト加工が施されたアルミニウム合金であるため、軽量ながらとても丈夫です。

 

広告
火の粉に強いキャンプトート大型

広告
キャンプギアを売るなら!

 

広告

 

HIMIMI U字型ペグ 31㎝ ブラック 6本入

雪中にも使えるペグ
HIMIMI U字型ペグ 31㎝ ブラック 6本入
雪中と砂浜におすすめ
雪中と砂浜など、やわらかい地面に適しているペグです。
かっこいいブラックカラーであることから、砂浜や雪中では目立つので紛失防止につながります。
U字型の断面なので、地面の中で接する表面積が広く摩擦が大きいため抜けにくいのが特徴です。
アルマイト加工が施されたアルミニウム合金であるため、錆びにくく軽量で丈夫です。

 

広告
火の粉に強いキャンプトート中型

MotBach スクリュー型ペグ 20cm オレンジ 10本入

柔らかい地面にしっかりと固定できるペグ
MotBach スクリュー型ペグ 20cm オレンジ 10本入
砂浜におすすめ
砂浜にしかっりとねじれて固定されるプラスチックペグです。
明るいオレンジカラーなので、紛失防止につながります。
先端はシャープな形状で、断面はスクリュー型であることからネジのように刺さります。
プラスチック製なので、海で使用するには錆びたりしないのでおすすめです。

 

 

広告
大型ランタンケース

シンセイ プラ杭 黒 36㎝ 10本入

風が吹く砂浜に使える杭
シンセイ プラ杭 黒 36㎝ 10本入
砂浜におすすめ
テントやタープの固定に使える固定力最強クラスのペグです。
耐久性は、アルミニウム合金やプラスチックペグより劣りますが、軽さ・安定性は抜群です。
非常に安価でコストパフォーマンスに優れているので予備を十分に準備することが可能です。
ただし、使用条件としてはやわらかい砂浜限定と考えておいた方がよいでしょう。

 

広告
グランドシートとしても使えるタープ緑

UNIFLAME/ユニフレーム 海ペグ 40㎝

オリジナルデザインで砂への固定が抜群のペグ
UNIFLAME/ユニフレーム 海ペグ 40㎝
砂浜におすすめ
海に行くときは欠かせない、砂浜にしっかりと刺さる海ペグです。
POM(ポリアセタール)で作られており、軽量で耐熱温度も75度あるので丈夫です。
長さが40㎝と非常に長く、しっかりと固定することを実現しています。

 

まとめ

砂浜や雪中でテントやタープを固定するときに、安心できる抜けにくいペグ6種類を紹介しました。
私の実体験ですが、やわらかい地面に鍛造ペグを使用して強風によりタープを倒壊させたことがあります。
キャンプにおけるタープやテントは家と同じです。家が倒壊するって恐怖の何者でもありませんよね。

砂浜や雪中などのやわらかい地面に適したペグは安価なものが多いので、必ず何本か準備しておくようにしましょう。
事前に準備をすることで、安心して安全なキャンプライフを楽しんでくださいね。

Rigalle Mercury LINE公式アカウント

友だち追加
LINEでお友だちになると、お得なクーポンやプレゼント企画などの情報をゲットしよう!!

 

◎トップページに戻る

 

広告

Twitterでフォローしよう