自由なライフスタイルを楽しむ
やわらかい地面や砂浜でも抜けないおすすめのサンドペグ!

本記事の概要

本記事では、雨でゆるんだやわらかい地面や砂浜におすすめであるサンドペグには、どのようなものがあるのかを紹介していきます。

ペグの選び方を間違えたら危険な理由

ペグの選び方を間違えたらなぜ危険なのか?
雨が降ってる時のゆるい地面や砂浜では、30センチの鉄のペグでも強風が吹けば抜けてしまいます。
ペグが抜けたらタープが倒壊する危険性よりももっと危険なことがあります。それは、強風でペグが抜けたらペグが飛んでいくということです。鉄製のペグが勢いよく飛んでしまって人に当たったらと考えたらゾッとしますよね。
冗談抜きでペグが飛んでしまうと危険ですから、地盤に合わせて抜けないペグを慎重に選ばなければいけません。
それでは、雨のやわらかい地面や砂浜でも抜けないと言われているおすすめのペグを説明していきます。

雨のやわらかい地面や砂浜におすすめのペグ

雨でゆるんだやわらかい地盤や砂浜では、スチールペグや鍛造ペグでは抜けやすく、抜けて飛んだ時の危険性が高いためおすすめできません。30センチや40センチとどんなに長いペグでもやわらかい地盤に適している形状ではないため強風にあおられると大体は抜けてしまいます。
それでは、砂浜に適していると言われている一般的なプラスチックペグはどうかというと確かに抜けにくいですが、一般的なプラスチックペグよりも抜けにくいと言われているペグがありますので、そちらをおすすめしたいですね。
それは、サンドペグという商品です。
雨の日用に何本か持っておきたいおすすめのアイテムです。
しかし、どんなに良いペグでも絶対に抜けないとは言い切れません。しっかりと正しい打ち方をする必要がありますので注意しましょう。

サンドペグの短所

ここまでは、サンドペグの長所を説明してきました。
それでは、サンドペグに短所はないのか?という疑問に回答します。もちろん、短所はあります。
それは、硬い地面には適していないということです。地盤の状態をしっかり見極める必要性はあります。
地面の表面はやわらかいけど奥の方は石だらけであったり、雨が降っていても普段硬い地面であると奥の方が硬かったりします。この見極めを間違えるとペグが折れる可能性はありますので、十分注意しましょう。

おすすめのサンドペグの紹介

それでは、使用するタープやテントなどに合わせて3種類のサンドペグを紹介していきます。

おすすめのサンドペグ Vol.1
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ テント・タープ用部品 ペグ PC.サンドペグ 30.5cmM-9727
インナーテントやレジャーシートにおすすめ!
雨のやわらかい地面や砂浜でのインナーテントや海でのレジャーシートの固定におすすめです。
タープやテントに使用するのは不安なので、おすすめしません。

●サイズ(約):長さ305mm 
●重量(約):55g 
●材質:ABS樹脂 

おすすめのサンドペグ Vol.2
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ペグ 38cm テント・タープ部品 PC.サンドペグ M-9726
テントやタープにおすすめ!
雨のやわらかい地面や砂浜でのテントやタープの固定におすすめのペグです。
個人的には、このぐらいの長さが打ち込むことと抜くことを考えるとちょうど良いと思います。
●サイズ(約):長さ380mm
●重量(約):75g
●材質:ABS樹脂
おすすめのサンドペグ Vol.3
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テント・タープ部品 ペグ PCサンドペグ 45.5cmM-9725
タープやテントの固定におすすめ!
雨のやわらかい地面や砂浜でのタープやテントの固定におすすめです。
38センチではちょっと不安っていう方におすすめします。
ただし、長さがあるため打ち込むのが大変なのと折れる心配があるため、どちらかというと上級者向けかなと思います。
380mmの長さでは不安という方はこちらをおすすめします。

●サイズ(約):長さ455mm 
●重量(約):90g 
●材質:ABS樹脂

海辺や砂浜でキャンプするなら


キャンピングカーで、海辺や砂浜でキャンプって何かいいですよね♪
キャンピングカーレンタルシステムってご存じですか?
キャンピングカーを使わないときにレンタルして収入を得る仕組みのことなんです。
キャンピングカーは欲しいけどアウトドア以外では使えない、週末いつもキャンピングカーに乗るわけじゃないからさすがに買うことはできない。
そんな贅沢な悩みを持った方に朗報なサービスなんです!
キャンピングカーを貸し出すことにより収入を得ることができたら、キャンピングカーを手に入れる夢がグッと近づくのではないでしょうか。

えっ、そんな簡単ではない!たしかに(笑)
でも画期的なサービスですよね。その収入で駐車場代、保険代、メンテナンス代、車両ローンなどを払えるんですからね。
キャンピングカーはアウトドア好きな人にしたら憧れですから、けっこう需要ありそうな気がします。
一生に一度も乗らない人の方が多いでしょう。
だって、キャンピングカーのレンタルシステムを知らない人がほとんどだから。
この機会に海辺や砂浜をキャンピングカーでキャンプしてみませんか?

 

日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!(アソビュー)」

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事