自由なライフスタイルを楽しむ
夜のキャンプのテントではとにかく明るい照明がおすすめ!

本記事の概要

夜のキャンプに欠かせないもの。それは、照明です。
一概に照明といってもキャンプでのシチュエーションで必要な明るさは変わってきます。
夜のバーベキューで使う照明とテントの中で使う照明、静まり返った夜にほんのり灯る照明といったように。
本記事では、夜のキャンプのテントにおすすめの照明に的を絞って紹介していきたいと思います。

夜のキャンプのテントに必要な照明の条件


夜のキャンプのテントで使用するのに必要な照明の条件は、とにかく明るさが求められます。
暗い照明は、意外と大きなストレスがかかります。寝るだけのテントなら明るい照明は必要ありませんが、小さな子どもがいたりするとテントの中で寝るだけなんてわけにはいきません。
家族キャンプであれば、食事のあとにテントでトランプをしたりゲームをしたりもするでしょう。
着替えであったり、身だしなみを整える細かいものを探したりする場合も十分な明るさがないとイライラします。
そういった理由から、夜のキャンプのテントでは明るい照明をおすすめします。
ただし、テント室内で使用する照明は火事や一酸化炭素中毒の恐れがあるガス式やガソリン(灯油)式のランタンは避けるようにしましょう。
それでは、次の項目で夜のキャンプのテントにおすすめの照明を紹介していきます。

夜のキャンプのテントにおすすめの照明

LED投光器
200W相当の明るさ!
200W相当の明るい照明!
高輝度20WのLEDを使用した投光器です。本来は作業現場で使うものとして販売されている投光器ですが、夜のキャンプには本当におすすめなんです。
20Wと省電力で200W相当の明るさがあります。
照射角が約120°なので広範囲を照らすこともできます。
テントの中であれば、十分すぎるほどの光量を確保できますよ。とても明るい便利な照明器具なんです!
ワイドなLED投光器
LED投光器 7900LM 50W
LED投光器 7900LM 50W 800W相当
800W相当の明るさのLED投光器です。ちょっと大きなテントの天井部分まで全体を照らしたい方にはおすすめです。また、テントだけではなく連結されたスクリーンタープもまとめて照らしたいならコレで決まりです!
LEDランタン
GENTOS/ジェントス ランタン本体 EX-000R
USB充電式のLEDランタン!
給電可能のUSB充電式パワーバンクランタンで1000ルーメンの明るさがあります。天井に吊るして使うことも出来ます。
コールマン LEDランタン
コールマン(Coleman) クアッドマルチパネルランタン LED 乾電池式 2000031270
約800ルーメンの明るさ!
最大約800lm(ルーメン)の明るさで広範囲を照らします。4つに分割する発光パネルはいろいろな使い方が出来ます。炊事等で洗い物をするときに手元を照らしたり、テントでの就寝時には枕元に置いたり。
SBポート付きでモバイル機器からも充電出来るから、とても便利です。
LED投光器
LED投光器 USB充電式 6000mAh
400ルーメン45時間点灯可能!
五つ段階調光のLED投光器です。ミドル点灯、ロー点灯、ハイ点灯、フラッシュ点灯、SOS点滅の順に切り替えできます。
低輝度モード:30ルーメン 点灯時間:約45時間
中輝度モード:180ルーメン 点灯時間:約12時間
高輝度モード:400ルーメン 点灯時間:約5時間
フラッシュ&SOS:緊急対応
フル充電時間:約5時間

まとめ


夜のキャンプのテントで使う照明は明るさを重視することをおすすめします。テントで寝るだけなら雰囲気ある暗い照明でも十分ですが、テントで何かをするなら明るい照明が必要です。
明るさが十分でないために、せっかくのキャンプでイライラするのはもったいないですよね。
小さなお子さんがいるなら尚更、明るさは必要です。
私は、夜のキャンプのテントではLED投光器を使っています。とにかく明るくて快適です。
テントの中では、雰囲気のあるほんのりした灯りは不向きです。キャンプでは、シチュエーションに合わせた照明を準備することをおすすめします♪

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事