自由なライフスタイルを楽しむ
キャンプ初心者にツールームテントをおすすめする理由!

本記事の概要

ツールームテントのメリットとデメリットに触れながら、キャンプ初心者におすすめする理由とキャンプ歴8年の筆者がおすすめのツールームテントを紹介していきます。

ツールームテントをキャンプ初心者におすすめする理由

私はツールームテントもドーム型テントとタープの連結タイプも使っていました。だからこそ分かるメリットとデメリット、ツールームテントをキャンプ初心者におすすめする理由を書いていきます。ドーム型テントとタープの連結タイプはキャンプ初心者におすすめ出来ないのですが、その理由は別の記事で説明します。
ツールームテントのメリットとデメリットについては、後ほど説明するとして、先にツールームテントをキャンプ初心者におすすめする理由を紹介します。

①設営と片付けが簡単
②使い勝手が良い

理由は、この2つです。
設営と片付けが簡単なものは他にもワンタッチテントなどたくさんありますが、ワンタッチテントは使い勝手はツールームテントよりは格段に落ちます。それは、スクリーンタープの存在です。

スクリーンタープは、虫除けにもなりますが何と言っても山の中にあるキャンプ場の天候は変わりやすいです。1日ずっと雨ということは少ないと思うんですが、1日の中で雨が降ったり、止んだりなんてことはよくあります。時々、ゲリラ豪雨にも遭遇します。
そんな時に活躍するのが、スクリーンタープです。
だから、このスクリーンタープが一体型になったツールームテントはおすすめなんです。
この便利なツールームテントには、いくつか種類があります。
寝室となるインナーテントが吊り下げ式タイプのものと寝室となるテントがスクリーンタープの後面にドッキングしたものです。
私が、おすすめするのはインナーテントが吊り下げ式のツールームテントです。
その理由は、次の2つです。

①設営と片付けが簡単
②使い勝手が良い

詳しくは、ツールームテントのメリットとデメリットで説明していきます。
その前に、ツールームテントにこの機能はあると便利というものがあります。その便利な機能を次の項目で紹介します。

キャンプ初心者があると便利な機能


いろいろなタイプのテントを利用してきた筆者がキャンプ初心者にとってツールームテントにあると便利な必要な機能を紹介します。
もちろん、すべての機能を満たしていることに越したことはありません。

①スクリーンタープはフルクローズ/フルオープン出来ること
②インナーテントは吊り下げ式タイプであること

この2つです。
スクリーンタープのフルクローズとは、メッシュ部分を完全に閉めることができる機能です。フルオープンとは、メッシュ部分を完全に開けることができる機能です。
メッシュ部分を完全に閉めることができると雨の時にメッシュ部分から雨水が入ってくるのを防ぐことが出来ます。また、メッシュ部分を完全に開けることができると夏キャンプの時に熱がこもらず風通しをよくすることが出来ます。
そして、インナーテントが吊り下げ式であることを推奨する理由は、インナーテントを設置しなければ広いスクリーンタープとして使うことが出来るからです。
寝室となるテントが一体型だと外すことが出来ないため、ツールームテントとしてのみしか使えず、使い勝手は良くありません。
インナーテントは簡単に取り外しができる吊り下げ式のツールームテントであれば、インナーテントを取り付けなければスクリーンタープとして使えるからおすすめなんです!

ツールームテント(吊り下げ式)のメリット

吊り下げ式のツールームテントのメリットは、次の2つです。

①スクリーンタープとしても使える
②設営と片付け撤収が簡単

インナーテントを取り付けなければ、日帰りデイキャンプでスクリーンタープとして使えるから便利です。
また、インナーテント吊り下げ式は設営や片付けが簡単です。雨の日であれば、スクリーンタープの中に人が待機した状態でもインナーテントだけ片付けることが出来ます。テントとスクリーンタープ一体型のテントだと、スクリーンタープの中に人がいるとテントの片付けはできません。
雨の日は、インナーテント吊り下げ式タイプと違って非常に不便です。

ツールームテントのデメリット

ツールームテントのデメリットは、テント単体で使うことが出来ないことです。インナーテント吊り下げ式タイプとスクリーンタープの後面にテントがドッキングした一体型タイプの両方において言えるデメリットです。

キャンプ初心者におすすめのツールームテント

コールマン(Coleman) テント タフスクリーン2ルームハウス 4〜5人用
コールマンの鉄板定番商品!
インナーテント吊り下げ式タイプだから、スクリーンタープとしても使えて便利。
吊り下げ式タイプは、雨の日はインナーテントを濡らすことなく片付け出来るから初心者におすすめです。

●サイズ
使用時/約320×230×170(h)cm
収納時/約直径30×74cm
●重量:約16kg
●耐水圧
フライ/2000mm
フロア/2000mm
●定員:4~5人
●材質
フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)
インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水防水)
フロア/210Dポリエステルオックスフォード(PU防水、シームシール)
メインポール/アルミ合金(約直径16mm)
ミドルポール/アルミ合金(約直径13mm)
リアポール/アルミ合金(約直径13mm)
リッジポール/アルミ合金(約直径11mm)
キャノピーポール/スチール(約直径19mm、長さ約180cm)
●仕様
前室、キャノピー、メッシュドア、ベンチレーション、メッシュポケット、コード引き出し口、ストームガード
●付属品:キャノピーポール×2、ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース、アルミ合金製メインポール

スノーピーク(snow peak) テント ヴォールト SDE-080
初心者向けのエントリーパック!
カマボコ型のテント。
インナーテント吊り下げ式なので、巨大なシェルターとしても使えて便利です。ただし、フルオープンが出来ずスクリーンタープではなくシェルターとしての利用となります。
スノーピークの初心者向けエントリーパックのテントです。

●セット内容
テント本体
フレーム長(×1)
フレーム短(×2)
ジュラルミンペグ(×28)
自在付ロープ(2.5m×10、3.5m×6)
リペアパイプ(×1)
キャリーバッグ
フレームケース
ペグケース
●材質
本体:75Dポリエステルタフタ、PUコーティング、テフロン加工、UV加工
インナーテント:68Dポリエステルタフタ、ボトム/210Dポリエステルオックス、PUコーティング、フレーム/A6061(φ13mm)
●本体耐水圧:1,800mmミニマム
●インナーテント耐水圧1,800mmミニマム
●収納サイズ:60×23×23(h)cm
●重量:7.65kg
●対応人数:4名

class="rank_rem">
TENT FACTORY(テントファクトリー) トンネル2ルームテント ロング 専用グランドシート付きグラスファイバー
スクリーンタープとしとも使えるトンネルテント!
フルオープンとフルクローズ、フルメッシュも可能なインナーテント取り外しできるトンネルテントです。

●本体サイズ
幅255×奥行560×高190cm
●インナーサイズ
幅240×奥行210×高190cm
●重量:15.5kg
●メインポール材質:グラスファイバー
キャノピーポール材質:スチール(175cm)
●定員:4~5人用

【Amazon.co.jp 限定】コールマン(Coleman) テント タフスクリーン2ルームハウス 4〜5人用 オリーブ
Amazon限定カラーのColemanツールームテント!
AmazonとColemanがタッグを組んだオリジナルコラボモデルのお洒落カラーのツールームテント。
インナーテント吊り下げ式タイプのツールームテントです。

●サイズ
使用時/約320×230×170(h)cm
収納時/約直径30×74cm
●重量:約16kg
●耐水圧
フライ/2000mm
フロア/2000mm
●定員:4~5人
●材質
フライ:75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)
インナー:68Dポリエステルタフタ(撥水防水)
フロア:210Dポリエステルオックスフォード(PU防水、シームシール)
メインポール/アルミ合金(約直径16mm)
ミドルポール/アルミ合金(約直径13mm)
リアポール/アルミ合金(約直径13mm)
リッジポール/アルミ合金(約直径11mm)
キャノピーポール/スチール(約直径19mm、長さ約180cm)
●仕様:前室、キャノピー、メッシュドア、ベンチレーション、メッシュポケット、コード引き出し口、ストームガード
●付属品:キャノピーポール×2、ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース

KOVEA(コベア) ツールームテント TAUPO [4人用] 【正規品】 KECT9TO-03
広大な室内空間のツールームテント!
インナーテント吊り下げ式タイプで、フルクローズとフルオープンを可能にしました。
内部空間を最大に活用できるちょっと見かけない韓国ブランドのツールームテントです。
Koveaは1982年に韓国で設立されたアウトドアブランドで、高品質のアウトドア商品を提供し続けています。
韓国国内での評価は高く、ISPOでのGold Winner受賞や 日本有名ブランドのOEM、北米・南米・ヨーロッパでのOEMも製品化されています。現在では、37か国でKOVEAブランドが販売されているあまり聞き慣れないきくど信頼できるブランドです。

●本体サイズ
[本体] 610×340×220cm (LWH)
[インナーテント] 250×300×185cm (LWH)
●収納時サイズ: 80×36×36cm (LWH)
●重量: 23.2Kg
●生地素材
(本体)ポリエステル[150Dポリオックスフォード、テフロンコーティング、UV加工、PU、防水加工、撥水加工]
(インナー)ポリエステル[68Dポリタフタ、撥水加工]
(底部)ポリエステル[150Dポリオックスフォード、PU、防水加工、撥水加工]●その他素材:
(ポール)アルミ16Φ、9.5Φ
(カーテン)ポリエステル[75Dポリメッシュプリント]●耐水圧
(本体)3000mm
(底部)2000mm
●セット内容
テント本体、インナーテント、ポール、ペグ、ロープ、メッシュ収納ラック、カーテン、ポール修理キット、収納バッグ
●ブランド国:韓国
●生産国: ベトナム

まとめ

ツールームテントは、インナーテント吊り下げ式タイプもテント一体型のトンネルテントもテント単体で使うことが出来ないというデメリットがあります。
しかし、キャンプ初心者にとって必要と考えられる機能は、設営と片付けが簡単であることとデイキャンプなどで使えるスクリーンタープ単体として使えるかということです。
したがって、インナーテントが吊り下げ式タイプのツールームテントはキャンプ初心者におすすめなんです♪

そとあそびキッズ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事