自由なライフスタイルを楽しむ
冬山登山キャンプにおすすめの寝具はタケモ寝袋!

本記事の概要

厳冬期の冬山登山キャンプにおすすめの寝袋であるタケモ寝袋!そのタケモ寝袋には、どのようなものがあるのか、おすすめのタケモ寝袋を紹介していきます。

厳冬期の冬山登山キャンプの寒さ対策


冬山登山向けのテントは、荒天や積雪に対応できるように工夫されていますが、登山キャンプではストーブを持っていけないのでテント室内で保温性を高めることは、まず不可能に近いといえます。
だから、冬山登山キャンプで重要になってくるのが寝袋とマットなんですよね。雪が積もっている冬山の地面からの冷気をどれだけカットできるかがポイントです。
したがって、マットで冷気をカットし、寝袋で保温するというのが冬山登山キャンプでの寒さ対策になります。
そこでおすすめしたいのが、『タケモ寝袋』です。
冬山登山キャンプにタケモ寝袋がおすすめの理由を素材と構造から解説していきます。

タケモ寝袋の素材について


表地と裏地両方に20Dのポリエステルリップストップを採用しているから軽くて丈夫です。また、生地には撥水加工が施されています。 しかし、防水加工ではありませんので冬季のテントへの雪の吹込みや結露には注意が必要です。
保温素材には、750FPとホワイトダックダウンを使用しているので軽くて温かいです。FP(フィルパワー)値の基準としては600FP以上は高品質と言われています。
ダウンには、保温性・小さく畳んだりふっくら広げたりできる圧縮回復性・寝袋の中の湿度を調整し蒸れないようにする吸湿放湿性に優れているという特徴があります。
タケモ寝袋には、750FP以上のダウンを使用しています。FP(フィルパワー)の基準値としては、600FP以上は高品質のダウンと言われているので、タケモ寝袋の保温性のレベルの高さが分かりますね。

タケモ寝袋の構造について

タケモ寝袋は、No.2以外のすべてのダウンシュラフにダウンの隔壁の高さを調整し、保温性を最大限に発揮できるボックス構造を採用しています。
No.2には、ダウンが少なくてものダウンの偏りをなくすために有効なシングル構造、No.3にはファスナーサイドと首元からの冷気の侵入を防ぐシングルドラフトチューブ&ネックチューブ、No.5と7にはシングルドラフトチューブ&ネックチューブ アジャスターコード付き、No.9と11にはダブルドラフトチューブ&ネックチューブ アジャスターコード付きを採用しています。また、すべての品番にはダウンの封入量を多くした足元だが、ゆったりとしている逆台形のイージーボトムを採用しています。
タケモ寝袋は、基本的にはダウンシュラフの一般的な構造であるボックス構造となります。

冬山登山キャンプにおすすめのタケモ寝袋の紹介

それでは、氷点下対応の寝袋(シュラフ)もいろいろありますが、そのなかでも冬山登山キャンプにおすすめしたい保温性抜群のタケモの寝袋を紹介していきます。

おすすめのタケモ寝袋Vol.1
寝袋 シュラフ タケモ(Takemo) スリーピングバッグ 7 ストリージバッグ付 [最低使用温度 -15度]
3000m未満の山岳キャンプ向けのシュラフ!
秋から冬にかけて、国内の2000m~3000m級の山岳で使用できる保温力の高い寝袋(シュラフ)です。
撥水性が高い強くて軽い生地を使用しています。中綿は高品質の750FPを700g封入しています。ファスナーには開閉がスムーズなYKK製170cmのコイルファスナーを使用しています。

●カラー:ネイビー
●重量:1150g
●収納サイズ:20X37cm
●表地/裏地:ポリエステル100%
●中綿:ホワイトダックダウン 
ダウン90%/フェザー10%:700g/750FP

おすすめのタケモ寝袋Vol.2
寝袋 シュラフ タケモ(Takemo) スリーピングバッグ 11 ストリージバッグ付 [最低使用温度 -30度]
3000m級の山岳キャンプ向けシュラフ!
厳冬期の国内3000m級の山岳にも使用可能な保温力の高い本格的な寝袋(シュラフ)です。撥水加工された強くて軽い生地を使用しています。中綿は高品質の750FPのホワイトダックダウンを1100gも封入しているからホントにあたたかい! ファスナーには開閉が簡単なYKK製170cmのコイルファスナーを使用しています。

●最低使用温度:-30℃
●カラー:ブラウン
●重量:1630g
収納サイズ:24X42cm
●表地/裏地:ポリエステル100%
●中綿:ホワイトダックダウン 
ダウン90%/フェザー10%:1100g/750FP

厳冬期キャンプにおすすめの商品

冬キャンプの必携アイテムです。
寒がりな方は要検討アイテムです。
動いているときは必要ないかもしれません。
しかし、冬キャンプのテント室内や車中休憩中などじっとしていると寒いですよね。これはホントにあたたかいから、一度試してみる価値はあります♪
充電式電熱ヒーター付き防寒シリーズ【ベスト/ブルゾン/手袋/靴下】

スポンサーリンク

まとめ

タケモ寝袋は、国内3000m級の山岳など厳冬期向けの寝袋に強いメーカーです。
タケモ寝袋は、保温力が強く撥水加工された強くて軽い生地を使用しています。中綿は高品質のホワイトダックダウンを封入しているからホントにあたたかいし、ファスナーには開閉が簡単なYKK製コイルファスナーを使用していてちょっとしたストレス軽減にも工夫がなされています。
寝袋は、いろいろなメーカーから発売されていますが本格的な山岳キャンプであればタケモ寝袋のように専門メーカーの本格的な寝袋を強くおすすめします!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事