自由なライフスタイルを楽しむ
ツーリングキャンプのテントは前室があるものがおすすめ!

本記事の概要

本記事では、ツーリングキャンプにおすすめである前室がある軽量でコンパクトなソロテントには、どのようなものがあるのかを紹介していきます。

ソロキャンプは軽量でコンパクトが必須条件

最近、人気のソロキャンプ。
大勢でわいわいするグループキャンプや家族と自然を満喫するファミリーキャンプもいいですが、たまにはひとりで自然の中で静かに癒されるソロキャンプも憧れではないでしょうか。

ソロキャンプは、大きく分けると登山キャンプ・ツーリングキャンプ・オートキャンプの3つがあります。
オートキャンプであれば、そこまで重要視されることはありませんが、登山キャンプとバイクでのツーリングキャンプであれば、軽量でコンパクトはソロキャンプの必須条件といっても、決して言い過ぎではありません。

ソロテントの選び方と種類

その荷物の軽量・コンパクト化に大きく影響するのは、実はポールの材質です。ポールの材質は、アルミ製よりジュラルミン製の方が強度もあり軽さにも優れているため軽量でコンパクトを実現するにはおすすめだと言えます。 しかし、価格は高くなるという短所があるためコスト重視の場合はおすすめできません。
そして、軽量でコンパクトを重視するなら少しでも幕の面積も小さくしたいところですよね。しかし、突然の雨対策や夜中のキャンプギア盗難防止対策を考えるとソロテントといっても前室は欲しいところではないでしょうか。
それでは、前室があるソロテントについて見ていきましょう。

ソロテントには、1枚シートのみのテントとインナーテントの上にフライシートをかぶせている二重シートのテントがあります。 また、設営のタイプで見ると収納ケースから出したらテントが開くポップアップ式、折りたたみ傘のような仕組みでテント上部の紐を引っ張り4本のポールを伸ばして開くワンタッチ式、テント内部の中心に1本のポールを立てるおしゃれで女性に人気のワンポール式の3種類があります。
コンパクトで軽量という視点だけで見ると、シートが1枚のテントがおすすめですが、前室がなく結露しやすいという短所があります。
したがって、やっぱりソロテントは前室があって軽量でコンパクトなものをおすすめしたいですね。

前室がある軽量でコンパクトなソロテント

それでは、さまざまな観点からソロキャンプに適したソロテントをご紹介していきます。

おすすめのテント1
HUI LINGYANG 前室ありツーリングドームテント
3~4人用だけど設営かんたんソロにもおすすめのテント!
水が染み込みにくい防水生地210D厚手ポリエステルを採用、耐水圧の数値は1200mm~2000mmです。
収納ケース付きだから、背負って持ち運びできます。
●展開時サイズ:幅200cm×奥行200cm×高さ130cm(3-4人用)
●収納時サイズ:50cm×15cm×15cm
●重さ:4kg
おすすめのテント2
コールマン(Coleman) テント ツーリングドームST 1~2人用 170T16400J
1人でも設営しやすいポールポケット式
前室を高くして開放感をアップしたコンパクトサイズのソロ用ドームテントです。

●使用時サイズ/約210×120×100(h)cm、
●収納時サイズ/約直径23×54cm
●重量:約4.4kg
●耐水圧:約1500mm(フロア/約1500mm)

おすすめのソロテントまとめ

ソロテントといってもキャンプの種類により選ぶポイントが異なってきます。
オートキャンプなのか、ツーリングキャンプなのか、登山キャンプなのか目的を明確にするところから始めなければなりません。そうすることにより、前室の有無や軽量コンパクト等どの点を重視するか決まってきます。
ぜひ、自分に合ったテントを見つけてくださいね♪

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事