自由なライフスタイルを楽しむ
永久保証付きのダウンシュラフならナンガシュラフがおすすめ!

本記事の概要

ダウンシュラフのみ永久保証付きといったサービスをしている登山家に愛用のナンガの特徴とおすすめのナンガシュラフを紹介します。

ナンガシュラフの種類/span>

1.UDDシリーズ

羽毛の短所である水に弱いを強化した水濡れ対策がなされた寝袋です。
UDDバッグシリーズは、羽毛自体に撥水加工を施してあり、万が一濡れたとしても保温性をキープしたままダウンがへたりません。
オーロラシリーズで完全に対策できなかった水濡れに対して、ほぼ完璧な対策がなされたモデルです。

2.オーロラシリーズ

表地に防水コーティング素材を施しているので、蒸れを防ぐ対策がなされた寝袋です。
オーロラとオーロラライトシリーズは、優れた防水透湿性があるオーロラテックと呼ばれる生地を使用しており、シュラフカバーは必要ありません。
そして、オーロラライトには、寒さを感じやすい足元に羽毛をたくさん入れた設計の立体構造を採用しています。
ナンガは、ダウンの質だけではなく形にもこだわりを持っています。

ナンガシュラフの特徴


ナンガシュラフに使用されている生地は、防水コーティング加工を施したナイロン生地です。体から出た汗などの水蒸気を外に放出する透湿性を保ちながら、快適な睡眠を約束してくれます。
ダウンは、ヨーロッパ産を輸入し国内で製造、ダウンシュラフのみ永久保証付きのサービスもあるようにダウンにはとことんこだわりを持っているメーカーです。

おすすめのナンガシュラフの紹介

ナンガ ダウンシュラフ
ナンガ(NANGA) ダウンバッグ350STD(650FP) レギュラー PLM(プラム) 日本製 [最低使用温度0度] DOWNBAG350STD PLM
お洒落なカラーも魅力的!
3シーズン使えるコンパクトモデルのナンガシュラフです。
小さなザックにもスッポリ入るシングル構造の軽量コンパクトモデル。
高品質の650FPのホワイトダックダウンに40DNナイロンを使用したダウンシュラフ!幅広く使用でき使いやすさ抜群です。

●生地:40DNナイロンタフタ
●内部構造:シングルキルト構造
●ダウン量
350g(650FPホワイトダックダウン)
●サイズ
レギュラー(身長175cmまで)
最大長:210cmX最大肩幅80cm
●収納サイズ:径15X25cm
●総重量:約790g
●快適使用温度/使用可能限界温度:0℃/-5℃
●製造国:日本製

ナンガ ダウンシュラフ
ナンガ オーロラライト AURORA light 600DX(760FP) AURLT43 RED レギュラー
高品質のナンガダウンシュラフ!
4シーズン利用可能な750FPの高機能モデルの登場。
表生地に多孔質ポリウレタン防水コーティング素材のオーロラテックスを使用しているので、シュラフカバー不要なダウンシュラフです。
オーロラセンターZIP350DX
ナチュラムのオリジナルカラーモデル!
防水コーティング加工を施したナイロン生地でオーロラテックスを使用したナチュラムオリジナルカラーのナンガダウンシュラフです。

●表生地:オーロラテックス
●裏生地:40dnナイロンタフタシレ撥水加工
●構 造:シングルキルト構造
●羽 毛:DX(ヨーロピアンホワイトダックダウン90-10%)
●羽毛量:350g
●総重量:約900g
●温度:快適温度-3℃、下限温度-8℃
●収納サイズ:直径15×25cm
●レギュラーサイズ:最大長210cm×最大肩幅80cm(身長175cmまで)

冷え込むキャンプの夜におすすめの商品

昼間暖かくても山間部のキャンプの夜は冷え込みます。夏以外は、暖房器具はキャンプの必需品です。今から紹介するものは、寒がりな方には要検討のキャンプの持ち物です。
焚き火で温まるのも良しですが、時と場合によっては焚き火がたけないこともあるでしょう。そんなときに活躍するのが温かい防寒具です。これはホントにあたたかいから、一度試してみる価値はありますよ♪
キャンプ用品の必需品を詳しく見てみようと思った方はコチラから→充電式電熱ヒーター付き防寒シリーズ【ベスト/ブルゾン/手袋/靴下】

まとめ


最後に他社のダウンシュラフと比較してみました。
『イスカ』の生地は、ポリエステル素材で表面に撥水加工、『モンベル』は独自のポルカテックスという撥水加工を施しています。
しかし、『ナンガ』に使用される生地は防水コーティング加工を施したナイロン生地で防水性を高めています。
これは他社との大きな違いといえます。
体から出た汗などの水蒸気を外に放出する透湿性を保ちながら、水に弱いダウンを安心して使用できます。
また、国内製造で永久保証を付けているのも他社にはない特徴です。
だから、ナンガダウンシュラフは快適な眠りを約束できるんですね♪

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事