自由なライフスタイルを楽しむ

本記事の概要

本記事では、芝生や土などの地面にテントのロープを固定する時に必要となるおすすめのペグを紹介します。

芝生や土にテントを固定するときにおすすめのペグ


テントはタープを固定する時のような頑丈で長さがあるものは必要ありません。また、芝生や土などの地面であれば短くても抜けにくい形状のものがおすすめです。
いろいろあるなかで、テントを芝生や土に固定するなら20㎝弱の長さのジュラルミンペグをおすすめします。
その理由は、ジュラルミンは頑丈な割にものすごく軽いからです。また、カラフルでおしゃれなものや抜けにくい形状をしたものがあります。
アルミペグだと曲がりそうな少し石が混じっている硬い地面でも問題なく打つことができます。
価格はチタンより安い、重量は鍛造やステンレスより軽い、強度はプラスチックやアルミより頑丈です。
こういった理由から、私はテントを固定するときはジュラルミンペグをおすすめしています。

おすすめのジュラルミンペグ

UNIFLAME(ユニフレーム)
(ユニフレーム) UNIFLAME ジュラパワーペグ200 6本セット
キャッチフレーズ
平打ち加工により強度アップと打ち込む力のロスを軽減したジュラルミンペグです。

●サイズ:約Φ6×200mm
●重量:約17g(1本)
●素材:ジュラルミン(A7075)平打ち

ノーブランド
商品名
キャッチフレーズ
3方向に力が分散されるためVペグよりも曲がりにくいのが特長です。
カラーが目立つため、キャンプサイトでの抜き忘れや置き忘れを防止できます。

●重量:15g
●サイズ:L18cm×W1.2cm×H1.2cm

Coleman(コールマン)
コールマン ジュラルミンYペグ 18cm
キャッチフレーズ
軽量で高強度のジュラルミンペグです。石混じりの地面にも使えます。
●6本入り

まとめ

テントを芝生や土と砂利にロープで固定するときのペグは18㎝~20㎝ぐらいの短めのもので十分です。石だらけのハードな地面でなければ鍛造などの頑丈さも必要ありません。
テントのフライシートを固定するときもタープのように中に風が入って下から突き上げる風にあおられることもないので長いペグは必要ありません。
これらの理由から芝生や土、多少の砂利にテントを固定するときは、長さが18㎝~20㎝ぐらいのジュラルミンペグをおすすめします。
とにかく軽いから持ち運びに便利でカラフルでお洒落なものも多いからキャンプが楽しくなりますよ♪

日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!(アソビュー)」

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事