自由なライフスタイルを楽しむ
強風でも火が消えないおすすめのイワタニカセットコンロ!

おすすめのカセットコンロ記事概要

本記事は、初心者の方が安心してバーベキューを楽しめる風に強いおすすめのカセットコンロのメーカーであるイワタニには、どのようなものがあるのかを紹介していきます。
もし、カセットコンロは炭と違って何も心配はないって思っていたら、絶対にこの記事を読むことをおすすめします。

カセットコンロ選びの注意点


バーベキューをするためのカセットコンロの購入を考えているなら、注意しなければならないことが2つあります。
1つ目の注意点は、カセットコンロの火は風で消えやすいということです。知らない間に風で火が消えてガスが出たままになってたら危ないですよね。
それでは、どうしたら良いか。それは、風よけを準備するか風よけが付属しているカセットコンロを選ぶか、風で消えない強い火力のカセットコンロを選ぶかになります。
2つ目の注意点は、カセットコンロに合っていない大きなサイズの鍋や鉄板を使うとガス缶が熱で熱くなって危ないことになります。最近のカセットコンロは、ガス缶が熱くなったら自動で火が消えるとかって聞いたことがあったけど、私は爆発寸前?っていうぐらい熱くなって火はついたままだった経験があります。この時は、偶然カセットコンロの熱さに気づいてすぐに消化して何も事故は起こりませんでしたが、本当に今思い出すと怖いなぁと思います。

みなさん、このような経験ありませんか?
ネットで検索すると意外にも、皆さん同じような危険な状況を経験しているみたいですね。
それでは、これに関してはどうすれば良いかというと専用の鍋や鉄板を使うことです。
このように、カセットコンロは簡単に見えて実はけっこう注意が必要なんです。
炭火は着火は難しいけど着火したらなかなか消えることはありませんが、カセットコンロは着火は簡単ですが火は風で簡単に消えてしまうという欠点があります。
しかし、カセットコンロは自由自在に火を扱えるから火力調整ができるという大きなメリットがありますよね。
だから、カセットコンロもバーベキューには必需品と言えるんではないでしょうか。

風が強い日も安心のおすすめのカセットコンロ


カセットコンロを購入するときに注意しなければいけないことは分かりました。
それでは、風が強い日も安心してバーベキューを楽しむことができるおすすめのカセットコンロを紹介していきます。

おすすめのカセットコンロVol.1
イワタニ カセットフー BO(ボー) EX 強火力コンロ
とにかく風には強いカセットコンロ!
本当に風に強いです。
名前のとおり、風が吹くとボーッという音は鳴りますが火は簡単には消えません!
アウトドアのためのカセットコンロといっても過言ではありません。
私は、このカセットコンロを愛用しています。まだ、風で火が消えるところを見たことがありません。
●サイズ:幅337×奥行302×高さ93mm
●本体重量:約1.9kg
●素材・材質
本体/アルミニウム
トッププレート/プレコートフッ素鋼板
ごとく/ホーロー用鋼板(ホーロー加工)、バーナー/真鍮(メッキ加工)
器具せんつまみ/耐熱ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂
ケース/PE(ポリエチレン)樹脂
●生産国:日本
●保証期間:1年間
●セット内容・付属品:本体、専用キャリングケース
●ガス消費量:約286g/h(気温20~25度の時、30分間のガス消費量を1時間換算したもの※イワタニカセットガス使用)
●最大発熱量:4.1kW
●連続燃焼時間:約55分(気温20~25度の時、強火連続燃焼にてカセットボンベを使いきるまでの実測値)
●点火方式:圧電点火方式
●安全装置:圧力感知安全装置
●容器着脱方式:マグネット方式
スポンサーリンク
おすすめのカセットコンロVol.2
イワタニ カセットフー マーベラスII CB-MVS-2
デザイン性に優れたキャンパー憧れのアイテム!
炎の長さを短くした風の影響を受けにくいバーナーです。取り外しができるトップカバーと風防リングの二重風防で、風が気になる屋外でも最適です。また、カセット缶とゴトクの間にトップカバーでカベを作ることができるのも良いですね。
イワタニアクセサリーシリーズ専用セットアップアダプターを装備しているから料理の幅も広がります。
ボディカラーは、お洒落で高級感があるシャンパンゴールド。
ちょっと価格は高いけど、とにかく見た目重視ならマーベラスはおすすめです!
●本体サイズ
[収納時] 幅380×奥行329×高さ110mm
[使用時最大] 幅380×奥行329×高さ324mm
●商品重量:約2.8kg
●カラー:シャンパンゴールド
●材質
[本体] 鋼板 (粉体塗装)
[トッププレート] 鋼板 (耐熱塗装)
[ごとく] ステンレス
[バーナー] 鋼板 (ニッケルメッキ加工)+ステンレス
[点火つまみ] 耐熱ABS樹脂
●最大発熱量:3.5kW (3,000kcal/h)
●連続燃焼時間:約70分 (気温20~25℃のとき強火連続燃焼にてカセットボンベを使い切るまでの実測値)
●点火方式:圧電点火方式
●安全装置:圧力感知安全装置 他
●容器着脱方式:マグネット方式
●使用ガス:イワタニカセットガス
●生産国:日本

イワタニカセットコンロのアクセサリーはコチラから
Amazon商品ページはコチラ

おすすめのカセットコンロ比較

紹介したカセットフーBOとカセットフーマーベラスⅡの2種類のカセットコンロをかんたんに比較すると次のようになりました。

●デザイン
カセットフーBO < カセットフーマーベラスⅡ

●サイズ
カセットフーBO < カセットフーマーベラスⅡ

●本体重量
カセットフーBO < カセットフーマーベラスⅡ

●素材・材質
カセットフーBO < カセットフーマーベラスⅡ

●最大発熱量
カセットフーBO > カセットフーマーベラスⅡ

●連続燃焼時間
カセットフーBO < カセットフーマーベラスⅡ

●価格
カセットフーBO < カセットフーマーベラスⅡ

こうして比較すると一目瞭然で、フーマーベラスⅡが最大発熱量以外は、数字上はすべて上回っています。
サイズはほとんど変わらないですが、重量は本体に丈夫な鋼板を使用しているフーマーベラスⅡの方が、本体アルミ製のフーBOよりも900g重いためツーリングキャンプなど積載が気になる場合はフーBOがおすすめです。
最大発熱量は、強力火力がセールスポイントのフーBOの方が上回っています。これだけの発熱量なので、本当に少しぐらいの風では火は消えません。その代わりに連続燃焼時間は、フーマーベラスⅡよりも短くなります。風が気になる方は、多少コスパが悪くてもフーBOをおすすめします。
そして、価格はフーマーベラスⅡの方が圧倒的に高くなっています。安くて火力が強いことを重視するならフーBOがおすすめです。
それでは、数字上は圧倒しているフーマーベラスⅡのセールスポイントは何なのか?それは、優れたデザイン性です。
したがって、見た目を重視するならフーマーベラスⅡということになります。

 

結論は、
実用性重視ならフーBO!
見た目重視ならフーマーベラスⅡ!
ということです。

Amazon商品ページはコチラから
イワタニ カセットフー BO(ボー) EX 【強火力コンロ / 最大発熱量4.1kW】 ヘアラインシルバー CB-AH-41

イワタニ カセットフー マーベラスII CB-MVS-2

楽天市場商品ページはコチラから
CBAH41 イワタニ カセットコンロ ヘアラインシルバー Iwatani カセットフー BO-(ボー)EX

【クーポン利用で2000円引 2/15 0:00〜2/17 23:59】 イワタニ Iwatani カセットコンロ カセットフー マーベラスII CB-MVS-2

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事