自由なライフスタイルを楽しむ
テントのそばで焚き火ができるおすすめのポリコットンテント!

本記事の概要

本記事では、焚き火キャンプにおすすめのソロテントであるポリコットンテントには、どのようなものがあるのかを紹介していきます。

ポリコットン(T/C)素材の特長


ポリコットンとは、コットンとポリエステルの生地のことです。コットン生地よりは軽くて耐水性に優れていますが、ポリエステルの生地と比べると重くなりますが熱に強いという特長があります。
ポリコットン素材の最大の特長は、遮熱性に優れているから日陰が濃くできるという点です。そのため真夏の強い日差しでも安心して過ごすことができます。日焼けを嫌う女性や小さなお子さんがいるファミリーキャンパーさんから好評です。
次に挙げられる特長は、耐火性に優れている点です。だから、焚き火の火の粉に強く穴があきにくいため、焚き火を好むキャンパーさんから好まれています。しかし、燃えない素材ではないため火を近づけ過ぎると危険なので注意は必要です。

おすすめのポリコットン素材のソロテントの紹介

それでは、ポリコットン素材のおすすめのソロテントを紹介します。2019年2月販売開始の新商品ですよ♪

おすすめのT/C素材ソロテント
カマボコテントソロTC DOD(ディーオーディー)
ソロタイプのカマボコテントが登場!
カマボコテントの設営のカンタンさ、トンネルテントの機能性をそのまま残してサイズだけ小さくなったソロテントです。
ソロキャンパーが、自然のなかで静かにゆったり過ごせるサイズなんです。
生地は、焚き火との相性が良いポリコットン素材を採用。だから、キャンプの時は、テントのそばで、ひとりでゆっくり焚き火の炎を楽しみながら、喧騒な日々から解放されたいって人にはぴったりではないでしょうか。
前室と寝室は2人でも快適に過ごすことができる広さをもたせています。夫婦でゆっくりも良しです。
ソロキャンプだからといって圧迫されるような窮屈な思いはしません。
また、スクリーンタープのようにリビング全面をメッシュにすることもできるから、夏の夜はひんやり自然のクーラーをお楽しみください。
冬は、スカート付きのテントならではの暖かく過ごすことができます。●組立サイズ(外寸):W170×D450×H120cm
●インナーサイズ:W200×D150×H110cm
●収納サイズ:W60×D25×H25cm
●重量(付属品含む):10.3kg
●最低耐水圧
アウターテント/350mm、フロア/5000mm
●材質
アウターテント/ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
フレーム/アルミ合金
インナーテント/75Dポリエステル
インナーテントフロア/150Dポリエステル(PUコーティング)
●付属品:ペグ、キャリーバッグ
スポンサーリンク

敏感肌・乾燥肌のキャンパーにおすすめの商品

さっと塗るだけでナチュラルメイクが完成しますよ♪
だから、キャンプのときにはおすすめしたい商品ですね!
肌への負担が少ないから、1日に何度も重ね付けができます。かなりたくさん塗り込んでも仕上がりが自然でツヤもバッチリ。
ぜひ、一度お試しください♪
60秒の無添加メイク!国産BBクリーム「京のすっぴんさん」
京のすっぴんさん ナチュラル素肌色クリームBB

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事