自由なライフスタイルを楽しむ
ファミリーキャンプのテントのおすすめと選び方!

初心者のファミリーテント記事の概要

本記事は、初心者の方がファミリーテントを選ぶときのポイントをファミリーキャンプの回数にあわせて紹介していきます。
かんたんに言うと、年に1~2回ぐらいであれば少し大きめのワンタッチテントでいいでしょう。しかし、年に10回以上行くハードキャンパーを目指すなら、価格は少し高くてもしっかりしたテントをおすすめします。
それでは、順番にライティングしていきたいと思います。

キャンプの頻度を考えよう

初めてファミリーテントを買うときは、まず1年に何回ぐらいファミリーキャンプをする予定なのかを考えることから始めましょう。
キャンプに行く回数、すなわちテントを使用する頻度で、おすすめのファミリーテントの種類は変わってきます。
1年に1~2回ぐらいであれば傘の原理で開くだけのワンタッチテントがおすすめです。ワンタッチテントでもお洒落で大きなテントがあるので後ほど、紹介します。
もし、1年に3回~10回ぐらいの1ヶ月に1回の頻度でキャンプをする予定であれば、それなりの性能のテントにした方が良いと思います。しかし、いきなり上級者が好むテントは、重量があって設営するのが難しかったりするため、あまりおすすめしません。
どちらにせよ、天候に関係してくる耐水圧(2,000mm以上がおすすめ)においては気にしておく必要があります。
その理由は、キャンプの回数に関係なくいつゲリラ雷雨にあうかは分かりません。年に1回のファミリーキャンプでも大雨に遭遇することは十分考えられるため耐水性は優れている方が良いでしょう。せっかく買ったテントをすぐに買い換えないといけないという事態だけは避けるよう注意が必要です。
ただし、初心者でテントの性能についてよく分からないという方も多いと思います。そんな時は、ブランドで選ぶ方法も選択肢のひとつです。
参考までに、初心者の方におすすめのブランドはColeman(コールマン)ですね。
私が初心者のときに愛用していて、快適にキャンプライフを過ごせた経験から、Coleman(コールマン)は初心者の方にはおすすめのブランドのひとつだと思います。

ファミリーテントを選ぶときの大事なポイント

初心者の方が、ファミリーテントを選ぶときに気を付けてほしいポイントがあります。
それは、テントのサイズ・広さです。
テントに必要な広さとは、座っているときのスペースではなく横になって寝たときのスペースです。座っていてちょうど良い広さでは、横になって寝たらかなり狭くなるでしょう。
参考までに、大人2人と小学生低学年のお子さんがいるファミリーであれば、少しゆったりしたいなら人数表記が4~5人のものが良いと思います。
また、ゲリラ豪雨など突然の悪天候で慌てなくていいようにスクリーンタープがあった方が断然良いですね。
このスクリーンタープは、キャンプ道具すべてを中に入れられて、尚且つテーブルとチェアを置いてくつろげるだけのスペースが必要です。
そして、真夏の風通しを考えると3面フルオープンにできること、本降りの雨を考えると3面フルクローズできるものをおすすめします。

初心者におすすめのファミリーテントの種類

初心者の方におすすめのファミリーテントの種類を紹介していきます。
私が初心者の方におすすめしたいファミリーテントは、タープ一体型の2ルームテントです。
その理由は、タープ一体型の2ルームテントは、テントとスクリーンタープが別々のものよりもテントの設営と撤収が圧倒的にカンタンだからです。
もし、タープはいらないって考えている方がいたら伝えておきたいです。1年に3回以上キャンプをするなら、雨の日に当たる可能性があります。雨の日は行かないからって考えているなら、山の天候はコロコロ変わります。
ソロキャンプであれば、自分ひとりだけなのでゲリラ豪雨がきても何とでもなりますが、4人家族などで小さなお子様がいたりしたら、けっこう大変です。
だから、4人家族であれば必ずタープは持っておいた方がいいですね。
そうなるとテントとタープが別々であると初心者の方が連結させるのは、少しばかりハードルが高いように思います。
いちばんは、設営と撤収が面倒くさいってことなんですよね。
少し慣れている方でも面倒くさいよりは楽な方がいいはずです。
したがって、結論は4~5人家族だとタープは必要で設営と撤収を考えたらタープ一体型の2ルームテントが良いということになります。
それでは、次に初心者におすすめのファミリーテントをキャンプの頻度にあわせて紹介していきたいと思います。

キャンプの頻度にあわせたファミリーテントの紹介

2ルームテントVol.1
コールマン(Coleman) テント タフスクリーン2ルームハウス 4〜5人用
3面フルオープン/フルクローズできる解放感抜群の2ルーム
ワイドなリビングスペースを備えた2ルームテントです。
居住性が高く、強風でもびくともしないアルミ合金製メインポールを採用してるから
風に強い!
1人でも設営できる簡単アシスト機能も付いています。
キャノピーポールで前室も活用できる広いリビングスペースを確保しています。●サイズ
使用時/約320×230×170(h)cm
収納時/約直径30×74cm
●重量:約16kg
●耐水圧
フライ/2000mm
フロア/2000mm
●定員:4~5人
●材質
フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)
インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水防水)
フロア/210Dポリエステルオックスフォード(PU防水、シームシール)
メインポール/アルミ合金(約直径16mm)
ミドルポール/アルミ合金(約直径13mm)
リアポール/アルミ合金(約直径13mm)
リッジポール/アルミ合金(約直径11mm)
キャノピーポール/スチール(約直径19mm、長さ約180cm)
●仕様
前室、キャノピー、メッシュドア、ベンチレーション、メッシュポケット、コード引き出し口、ストームガード
付属品:キャノピーポール×2、ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース
アルミ合金製メインポール

2ルームテントVol.2
コールマン テント ラウンドスクリーン2ルームハウス [4~5人用]

ラウンドスクリーンの後面に吊り下げ式のインナーテントをドッキングした2ルームテントです。キャノピーは3面オープンできるので真夏でも涼しく快適です。

●サイズ
インナーテント/320×230×170(h)cm
収納時/直径28×82cm
●質量:20kg
●材質
フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)
インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)
フロア/210Dポリエステルオックス(PU防水、シームシール)
ポール/FRP(直径12mm)
スチール(直径19mm)
FRP(直径11mm)
スチール(直径19mm)
キャノピー/長さ180cm

ファミリーテントVel.3
DOD(ディーオーディー) キノコテント ワンタッチ寝室用テント
広さ文句なしの簡単セッティングのワンタッチテント!
年に1~2回のキャンプなら、まずワンタッチテントから始めてみませんか?
ニョキッとすぐにセッティングできる快適なワンタッチ寝室用テント。
ワンタッチ構造を採用しているから組み立てと片付けが簡単にできます。
テントの設営と片付けに時間をかけずにキャンプを楽しむことができます。
おしゃれなキノコ型で、壁が垂直になっています。一般的な同じ床面積のドーム型テントに比べ圧迫感が少なく快適に就寝することができますよ。
ソロや2人で広く使う場合からお子様を含めて4人で使用するファミリーキャンプまで快適に使用することできます。●材質
フライシート/150Dポリエステル(PUコーティング)
フロア/210Dポリエステル(PUコーティング)
グランドシート/210Dポリエステル(PUコーティング)
フレーム/アルミ合金、スチール
フロントポール/アルミ合金
●組立サイズ(外寸):W328×D328×H168cm
●インナーサイズ:W288×D248×H148cm
●収納サイズ:W25×D90×H25cm
●重量(付属品含む):11.2kg
●収容可能人数:大人2名、子供2名
●最低耐水圧
フライシート/3000mm
フロア、グランドシート/3000mm
●付属品:フライシート、グランドシート、フロントポール、ペグ、キャリーバッグ
引用:ナチュラム

アウトドアのおすすめサービス

キャンプシーズン突入しましたね。
私は、キャンプに行くと他のキャンパーさんのギアを見て、えっ何コレ?欲しいなってよくなるんです。
そんな時、私は我慢出来ないんで持ってるキャンプギアであまり使ってないものを売ります!そして、不要なキャンプ用品で作った資金で、新しいギアを買うんですよ~。
皆さんも我慢はよくありません(笑)
もし、新しいギアの資金が欲しくなったらコチラを参考にしてみてください↓↓↓
買うトドアで無料の査定申込をする

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事